俺の屍を超えてゆけ。一言でどうぞ。